読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iinchou-kanae104’s diary

児童養護施設と周囲を取り巻く貧困・労働・教育問題との関係性を研究中。児童養護施設当事者としての声を発信→登壇の機会ください絶賛募集中!(普段はコンビニの店員)

ー20歳になって「虐待」を振り返るー

私は、口に靴下詰め込まれたり、殴る蹴るで全身痙攣を起こしても保護されるまでの8年間「虐待」と思わなかった。

保護されたから私は、大人と関われるきっかけを持てた。

じゃあ、保護されなかった人たちはどうなるの?
虐待を発覚するのが20歳過ぎてからだったら?
未成年なら見つけたらほぼ強制的に保護される
けど成人だったら逃げるかどうかは本人の意思。
「自分が犠牲になれば親が暴れない」
「自分はそういう運命だから仕方ない」
こんなふうに思ってる人が、にげれるのか?

成年になっても助けてもらえなかったら、もう人を信じることが出来なくて手を差し伸べてくれる人に出会えても心を開くのに時間かかってしまうのではないかな…