読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iinchou-kanae104’s diary

児童養護施設と周囲を取り巻く貧困・労働・教育問題との関係性を研究中。児童養護施設当事者としての声を発信→登壇の機会ください絶賛募集中!(普段はコンビニの店員)

1日の最高勤務時間は、10-46時の勤務

f:id:iinchou-kanae104:20170313221714j:image

2015年の手帳見つけた。
昔の勤務先の、ある1ヶ月の勤務。

基本月給:18万 休憩:約1時間 手取り15万 残業代は、なし

11月の勤務
日数:29日 (休憩抜いて)約284時間勤務
蛍光で記入しているところが休んだ日。

時給換算:633円

こんなんだったら
やっぱりバイトの方がいいと感じてしまう。

何百年も前の日本を体験してきました

 

NPO法人(社会的養護当事者団体)ZIRITSUの行なっているサムライプロジェクトのアルバイトしてきました!

f:id:iinchou-kanae104:20170312214825j:image

アルバイトを通して写経、茶道、座禅、野生動物とのふれあいなど、とても刺激的な時間でした。

f:id:iinchou-kanae104:20170312215053j:imagef:id:iinchou-kanae104:20170312215101j:image

 f:id:iinchou-kanae104:20170312214314j:image

写経ですが、無意識のうちに筆に力が入って上手く描けなかったです。このことから「普段、自分がリラックスしているつもりでも無意識のうちに力を入れて日常を送っている」と気づきました。

座禅をして、とても脳がすっきりしました。
そこで気づいたのが、常に考え事をして脳を休めてなかったなと思いました。たまには、頭を空っぽにできる場所に行こうと思いました。

アルバイトは短い期間でしたが、自分の自己管理能力を高めるきっかけになりました٩( 'ω' )و

今回、お客さんが経営者の方でキャリブレーションやアチーバスについてのお話しも聞けて、経営について学ぶこともできました!f:id:iinchou-kanae104:20170312214221j:image

虐待は、漫画の世界とかじゃなくて現実だから

f:id:iinchou-kanae104:20170311084259p:imagef:id:iinchou-kanae104:20170311084301p:image「施設に来てる=親に捨てられた」とか「かわいそう」とか、それ偏見だから。

 

「子供達のため」とか言って結局自分たちの利益のためだったり

 

「産んでやったのに、育ててやってるのに
恩をあだで返すのか」という人たち

 

私は友達が見つけてくれて抜け出せた。
けど、抜け出せず1人で生きている子がいる現実がある。

 

居ても立っても居られないけど、私にはまだまだ手を差し伸べられる力がない。

 

焦らず、ゆっくりまずは自分の安定を。

 

https://www.sukima.me/book/title/BENJA0000301/

施設を退所して2年たった今ー施設にいた当時を振り返るー

ー3月8日ー
施設を退所して一人暮らしを始めて2年経つ日。

 

授業中、一人暮らしのために必要な家具から日用品まで細かく計算し、節約術を調べ、健康を保つため栄養素についてなど、まとめてました
先生、授業聞かなくてすいません笑 

 

f:id:iinchou-kanae104:20170308163909j:imagef:id:iinchou-kanae104:20170308163911j:imagef:id:iinchou-kanae104:20170308163943j:imagef:id:iinchou-kanae104:20170308163943j:imagef:id:iinchou-kanae104:20170308163946j:image

 

施設を出たあと安定して生活している先輩が私の周りにいなかったため、安定を目指すために必死にまとめてたのを思い出します(´ω`)

 

…結局、仕事退職したり予想外の出費などでばたついてしまいましたが笑

 

4月からはこの家を出て、シェアハウスで生活し、生計を立て直すことを決意しました。

しばらくは、勉強を控え今を生きることに必死になろうと思います。貯金貯めて安定してきたら、また自立します!

 

施設出身者のわたしが後輩たちにできることを考えた結果。

ーー有志団体ゆでたまごーー

f:id:iinchou-kanae104:20170302154422j:image


社会的養護退所者に向けて支援団体や相談場所の情報を提供。
私たちは、「お金」や「物資」ではなく選択肢を送ります。

「人も卵も温められてカタチになる」をキャッチコピーに活動中。

m.facebook.com/ゆ�%8…

私の施設生活・虐待・長時間労働の経験

取材うけた記事が、掲載されましたー!f:id:iinchou-kanae104:20170225090704j:image

http://sodachitosudachi.com/2017/02/25/005kanae-abe/


施設生活・虐待・長時間労働の経験、また20歳になった時の思いなど分かりやすくまとめてくださいました!

インターハイの運営に携わったことや、社会起業大学との出会いについても掲載してくださいました٩( 'ω' )و

自殺から導き出した答え〜Tさんの体験談〜

 

死にたい。

 

自殺したい。

 

でも他人に迷惑をかけて死ぬのはいやだ。

だから、迷惑をかけない死に方を探した。

 

けど、見つからなかった。世の中には、生きたくても生きれない人がいることは知っている。だから、死ぬのはやめた。

 

生きて、人の役に立つ人間になろうと誓った。


そして体を売った。自分の初めてが知らない人であろうとどうでもよかった。ただ私は人のためになることをしたかっただけ。


死ぬより、生きて人のためになることをすれば人には迷惑はかけないー 

 

 

 


17歳の夏

 

私は進路選択を迫られイライラしていた

 

なんとなく掲示板で

 

「自分なんて生きててもしょうがない」

 

と愚痴った。

 

 

いつも何かあると掲示板に書き込みをしていた。携帯の中の人間だけが頼りだった。

 

 

 

携帯が光った。

f:id:iinchou-kanae104:20170220225418j:image

 

 掲示板を開くと

 

「もしよかったら相談のるよ?」

 

と書き込みがあった

 

 

今まで、相談乗っても「うちのほうが大変だから」とか、「私はこう思う〜」とかいわれて、私の話を聞いてくれる人なんていなかった

 

だから私の悩みを聞いてくれる人がいて素直に嬉しかった。

 

それからは、その人と掲示板で繰り返し話すようになりラインも交換した。

 

一緒にご飯行って、お買い物して、相手は社会人だったから仕事の話もいっぱいしてくれてすごく楽しかった。ホテルにも行った。

 

あとあと分かったことだけど

相手は身体目的だった。

 

けど私にはどうでもよかった。

 

これで、自分を必要としてくれる人がいると分かったから。

 

もっともっと人の役に立ちたい…

 

それ以降、掲示板を通して自分を必要としてくれる人を探して、生きがいを必死に求めた

 

会うたびホテルから持って帰ってきたアメニティグッズを収納ボックスにためていた。

 

いつの日か10人、30人と会う人が増え、収納ボックスはアメニティグッズでまんぱんになった

 

 f:id:iinchou-kanae104:20170220223932j:image

 

 

 

 

試供品…

これをみると思い出す。

 

あれからしばらく経つけど、忘れられない

 

私を買った人たちも、家族がいたのではないかと思うと胸が苦しくなる。

 

脳裏に焼きつき、決して忘れることはできない

 

悔しいけど、あの経験があるから今のわたしがいる。

 

でも、わたしの次の世代な人たちには同じ道を歩んでほしくない。

 

体だって売ったらだめだって伝えなければいけない。

 

だから私は生き続けることを決めた